2010年03月08日

アカデミー賞

アカデミー賞の各部門が発表になった。

戦前から注目を集めていたのは「アバター」と「ハートロッカー」の2強対決。共に9部門にノミネートされ、しかもそれぞれの監督同士が元夫婦という因縁めいたものもあった。

その結果は、「ハートロッカー」が作品賞、監督賞を含む6部門受賞で、「アバター」が3部門受賞。結果は「ハートロッカー」の圧勝という形になった。

感想を言えば、「まぁ妥当かな」という感じ。

「アバター」は確かに映像やテクノロジーは凄く、3D映画という映画界に新たな可能性を示唆してくれた画期的映画だったのは確かだが、果たして映画自体の作品性はというと・・・?
それに、この手のCGをたくさん盛り込んだ映画というのは、極論を言えばコンピューターゲームを超えることは無い、という筆者の持論があるので、果たして映画としてみる価値があるかどうか。

「ハートロッカー」は未見だけど、戦争アクションは好きだし、この監督の作品はハズレがないし、そういう意味では楽しみだ。

そんな筆者、CG映画否定派ではありますが、ゴジラの新作がCGで3D映画だったら見たいと思います(笑)。
posted by マコト at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143077569

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。