2010年03月23日

アクセス鉄道、存亡の危機?!

地元の新聞によると、仙台空港アクセス鉄道の収支が厳しいらしい。

たしかに、距離の割りには運賃が高くて、正直空港利用者以外にはあまりメリットが無いような路線だが
このまま赤字で廃れてしまうのは惜しい。

本数を減らす等、何とかコストカットをして路線を継続して欲しいものである。

使い方によっては需要も増えると思うのだけどな。例えば市役所や郵便局などの出張所を設けるとか、保育所を設けて鉄道を利用する客に子供を預けてもらうとか。
名取エアリをショッピングモールではなく、もっと生活に役立つ施設を入れてはどうかな。

もっと希望を言えば、杜せきのした駅の近くにドーム野球場あるいはサッカー専用スタを立てて欲しい。
どっかの大金持ちが200億くらいドーンと出してくれることを願う(笑)。
posted by マコト at 17:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。