2010年05月15日

消費税増税

今日の朝の番組で、消費税増税についてやっていた。
視聴者からのメールも紹介していて、それだとほぼ過半数が増税賛成派。
何か違和感を感じる。筆者の予想としては賛成と反対半々かと思っていたのに、読まれるのは賛成派ばかり。
これは、TVを通して消費税増税を是にしようとメディアで煽っているんじゃなかろうか。

posted by マコト at 15:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

セルフ社会

昨今、やたらセルフ型のガソリンスタンドを目にする。
逆に、従来のガソリンスタンドは片っ端からつぶれていく。

昔ながらのガソリンスタンドに馴染み深い筆者としては
この現状に非常に憂いている。

そういえば、セルフレジのあるスーパーも増えてきた。
近い将来、セルフレジオンリーのスーパーとか出てくるのだろうか。

そして、いずれはセルフレジのコンビニとか登場するのだろうか。
posted by マコト at 16:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

糞オヤジ

今日も親父に裏切られた
やっぱり一瞬たりとも親父を信頼してはならない。
posted by マコト at 17:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

アクセス鉄道、存亡の危機?!

地元の新聞によると、仙台空港アクセス鉄道の収支が厳しいらしい。

たしかに、距離の割りには運賃が高くて、正直空港利用者以外にはあまりメリットが無いような路線だが
このまま赤字で廃れてしまうのは惜しい。

本数を減らす等、何とかコストカットをして路線を継続して欲しいものである。

使い方によっては需要も増えると思うのだけどな。例えば市役所や郵便局などの出張所を設けるとか、保育所を設けて鉄道を利用する客に子供を預けてもらうとか。
名取エアリをショッピングモールではなく、もっと生活に役立つ施設を入れてはどうかな。

もっと希望を言えば、杜せきのした駅の近くにドーム野球場あるいはサッカー専用スタを立てて欲しい。
どっかの大金持ちが200億くらいドーンと出してくれることを願う(笑)。
posted by マコト at 17:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

古き良きアニメ主題歌に戻れ

最近、俺が青春だった頃にやってたアニメの主題歌をネットで聞き直すのがマイブーム。
それにしても、80年代のアニメ主題歌は良い歌が多いなぁ。
ザブングル、ボトムズ、ガリアン、バイファム・・・etc
いかん、みんなサンライズアニメだ。

それと比べると、今のアニメの主題歌のなんとも陳腐なこと。
まぁそれでも、不思議なものでどんなにハズレな歌でも毎週聴いてると耳に馴染んでくるものだ。
でも、今のワンピースの主題歌はどうしても好きになれない。

くそったれだぜタイアップなんて!!
posted by マコト at 20:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

無題

田嶋氏ね、孤独になって市ね
posted by マコト at 21:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

地震

昨日、今日と大きな地震が相次いでいる。
怖いなあ。
posted by マコト at 19:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

無題

今日、自閉症の弟がまた暴れた。
怒ると逆効果なので、黙ったと始末をした。
でも、心の中では首根っこを掴んでぶん投げてやりたい気分だった。

おそらく弟は、自分が暴れている反省も自覚も無いだろう。
家族とは名ばかりの繋がりの途絶えた家族生活を送っている。
posted by マコト at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

アカデミー>噂のあの作品の行方

アカデミー賞の続きだが、ここ日本に置いては「アバターvsハートロッカー」以上に注目を集めた部門があった。
それは、長編ドキュメンタリー部門の「ザ・コーヴ」である。

「ザ・コーヴ」とは、日本の伝統的に伝わるイルカ漁を扱ったドキュメント。本編に中には隠し撮りで漁の光景を撮影したり、テーマの視点が著しく偏っていたりと
ドキュメンタリーとしては非常に欠陥の多い作品だと筆者は思っている。

この作品がアカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を獲得したことで、作品の質のみならずアカデミー賞自体の権威についても問われる自体になっているのだ。

日本のマスコミ等はこのニュースをセンセーショナルに取り上げているが、正直これが逆説的に映画の宣伝になってしまっているので、むしろ完全に無視したほうが言い。

とにかくこの映画は日本で上映禁止。マスコミも取り上げない。配給会社には徹底して糾弾。これでいい。
posted by マコト at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

アカデミー賞

アカデミー賞の各部門が発表になった。

戦前から注目を集めていたのは「アバター」と「ハートロッカー」の2強対決。共に9部門にノミネートされ、しかもそれぞれの監督同士が元夫婦という因縁めいたものもあった。

その結果は、「ハートロッカー」が作品賞、監督賞を含む6部門受賞で、「アバター」が3部門受賞。結果は「ハートロッカー」の圧勝という形になった。

感想を言えば、「まぁ妥当かな」という感じ。

「アバター」は確かに映像やテクノロジーは凄く、3D映画という映画界に新たな可能性を示唆してくれた画期的映画だったのは確かだが、果たして映画自体の作品性はというと・・・?
それに、この手のCGをたくさん盛り込んだ映画というのは、極論を言えばコンピューターゲームを超えることは無い、という筆者の持論があるので、果たして映画としてみる価値があるかどうか。

「ハートロッカー」は未見だけど、戦争アクションは好きだし、この監督の作品はハズレがないし、そういう意味では楽しみだ。

そんな筆者、CG映画否定派ではありますが、ゴジラの新作がCGで3D映画だったら見たいと思います(笑)。
posted by マコト at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

痛ましいいじめ自殺

毎度のことだが、暗いニュースを目の当たりにするとこっちも心が暗くなる。
特にいじめとか自殺が絡むと非常に心が痛い。

東京で、中学生の女の子がいじめを苦にしてマンションから飛び降り自殺したというニュースがあった。
遺書らしきものもあって、クラスでいじめに遭ってて学校に行きたくないという気持ちから自殺の道を選んだという。

筆者も同じ年頃にはいじめに遭った経験があるので、その女の子の苦しみもよく分かる。
しかし、学校が嫌だとは思ったが死にたいとは思ったことは無かったなぁ。

その理由の一つには、筆者が親と何でも話し合える雰囲気だったこともある。
その女の子は家族に悩みを打ち明けられず、一人で背負い込んだ末に極論に走ったのかもしれない。

なんか小さな悪いことが重なり合って、結局自殺という悲劇に至ってしまった、そんな気のする事件だった。
posted by マコト at 16:39| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

寒い朝

今朝起きたら、久しぶりに雪を見た。
朝起きるのがつらいほど寒かったし、顎関節症の顎も寒さのせいか痛かった。

ベガルタも楽天も、選手たちはキャンプを終えて仙台に戻っている。
暖かいキャンプ地から今日の寒さ。体がおかしくなりそうだよな。

特にベガルタは今週末に開幕戦を控えているので、どうか風邪で体調を崩さないように願っている。
posted by マコト at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

今日の女子フィギュアで感じたこと

バンクーバー五輪、フィギュア女子フリープログラム
残念ながら、浅田真央は銀メダルに終わってしまいましたね。

浅田の表情が見るからに険しかったので「この状態はやばいな・・・」と思ってました。
その険しい表情が、今までの浅田の滑りには無い、ある意味鬼気迫った凄みを感じました。
結果は銀に終わりましたが、今日の経験は浅田自身にとって自分自身の演技の幅を広めたというか、殻を破ったように思います。

この際、ジャッジ云々は別として、今回の原因を冷静に考えると、やはりSPの4.75差は余りにも大きかったということです。
ヨナはSPで78pという非常に高い点数を出しましたが、これはフリーでミス無く滑り終えれば同等のpがもらえるということ。
案の定フリーのときも技術点は78pいっていたので、合わせて150pという非常に高い点数が出たのも納得できます。

浅田のSPが73pでしたから、要するに浅田は仮にノーミスでFPを終えたとしても、キムヨナを超えるのは非常に難しかったです。

キムヨナもアレだけのプレッシャーの中でノーミスで滑れたということで、今五輪に於いてはメダルに相応しい演技だったと思います。

ただし、忘れてはならないのは、金メダルを取ったとはいえキムヨナのSP、FPの演技自体は特にレベルの高いものではなく、フィギュアスケート界の発展には決して繋がらないということ。
このまま現在のジャッジが続いていくとしたら、フィギュアスケートのレベルは間違いなく退行します。
そういう意味で、キムヨナの取った高等点は今後フィギュア界の首を絞めるような、罪深いことになるような予感がします。
posted by マコト at 15:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

今日のバンクーバー五輪

今日は早朝と昼間にカーリングの試合を見た。
ていうか、早朝は録画しつつ音声を聴いただけ。

試合はご承知のように、ロシアに勝ったがドイツには負け。
3敗目で予選突破まで1敗出来るかできないか、という厳しい情勢となった。

録画した地上デジタルの映像はさすがに流麗で、カーリングの石に削られた氷の跡までハッキリ見える。
posted by マコト at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

難しい

今日は、ちょっとプログラムのjavaについて調べたのだ。
出来れば資格を取って今後に生かしたいと思ってる。
でも、インストールがうまくいかなくて早々に挫折しそうだ。
posted by マコト at 17:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

バンクーバー五輪

今日は女子スピードスケートとカーリングと男子フィギュアSPがあった。
今総集編見てるとこ。

今気づいたがスケート解説の大菅って綾香(歌手)に似てる
posted by マコト at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

バンクーバーで初のメダル

今日は昼休みに五輪の男子スピードスケートを見たのだ。
金は逃したが、長島が銀メダルで加藤が銅。一気に2つのメダルを獲得した。

特に加藤選手は山形出身でサッカーのベガルタの菅井選手とは同級生である。ノルディック複合の小林選手や男子モーグルの遠藤選手など、東北出身が頑張っていますな。
posted by マコト at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

無題

今日は再び皮膚科へ赴いた。
午前に順番を取り、午後になって再び来院して診療してもらったが
今度は飲む薬が1度に3錠。まじで?!

身内に薬の副作用で苦しんでいるのがいるんで、薬に対して少し及び腰になっているのだった。
posted by マコト at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

地デジだ

バンクーバー五輪、筆者は地上デジタルで準備万端である。
さすが、デジタルは画質が違う。
衛星放送は受信できないけど、主要な競技なら地上デジタルで思う存分楽しめるのだ。
posted by マコト at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

2月11日

うれしかった事

スーパーで買い物したとき、マイバッグを持たず止むを得ず購入しようとしたが後ろに並んでいたおばさんに袋を1枚貰った。
こういうささやかな親切が非常に心地いい。

悲しかったこと

僕は自分の本名が嫌いで、名前を呼ばれることも嫌いである。だけど呼びやすいのでいつも連呼される。こんな名前をつけられた自分の運命が恨めしい。
posted by マコト at 17:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。